スポンサーサイト

2016.12.14 Wednesday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    中国が挑発、緊迫の前線

    2015.02.09 Monday

    0
       どこまでも広がる青い海原。航行するのは中国や台湾の船ばかりで日本の漁船は見当たらない。

      • F15戦闘機に乗り込む第204飛行隊の三堀1尉。「スクランブルのときは、絶対に判断ミスは許されないという重圧を常に感じている」と話す(沖縄県の航空自衛隊那覇基地で)
      •  

          沖縄・石垣島の北東、中国が一方的に設定した防空識別圏付近を読売新聞社の小型ジェット機「みらい」で飛んだ。眼下に広がる静かな光景とは裏腹に、国際緊急周波数に合わせた無線機からは、幾度となく英語と中国語の激しいやりとりが響く。ここは緊迫した空域なのだと改めて思い知らされた。

          中国が尖閣諸島など南西諸島周辺での挑発行為を続けている。日本の領空に接近する航空機に対しては、航空自衛隊那覇基地(沖縄県)の第204飛行隊がF15戦闘機を緊急発進(スクランブル)させて対応する。防衛省によると、昨年度、空自は全国で810回に及ぶ緊急発進を行ったが、そのほぼ半数は那覇基地からだった。隊員の負担は大きい。しかし「こちらからは絶対に刺激しない。相手の挑発に乗らない。付け入る隙を与えない」とパイロットの三堀(みつぼり)優1尉(31)はきっぱりと語った。

        •   中国艦船の動きを警戒監視するのは海上自衛隊のP3C哨戒機だ。操縦する第5航空隊の嶋田雄一2尉(28)は「国際法や行動規範を何度も確認し、対応を誤らないように備えている」と語り、「偶発的な衝突だけは絶対避けなければならない」と強調した。

            自衛隊は5月、国内で初めての大規模な離島上陸訓練を奄美群島(鹿児島県)で行った。米海兵隊を参考にした水陸機動団の新設や、オスプレイの佐賀空港への配備検討など、離島防衛を強化することで南西諸島での抑止力を高める方針だ。緊張が続く東シナ海で、自衛隊は冷静な対応と組織作りを求められている。

            写真と文 竹田津敦史
            (5月22日から7月17日に撮影)

          • 早朝、沖縄本島近海を飛行する海上自衛隊のP3C哨戒機。艦船を確認するための低空飛行は、乗組員に長時間の緊張を強いる(本社機から)

             

            • 中国が一方的に設定した防空識別圏の境界線付近から与那国島は、すぐ近くに見えた(本社機から)

               

              • たくさんの中国国旗を掲げて航行する漁船(宮古島の北東約130キロの東シナ海で、本社機から)

                 

                • 離島上陸訓練前、輸送艦のデッキで準備する西方普通科連隊(長崎県佐世保市)の隊員たち。上陸用ボートに装備を積み込むと約10キロ先の上陸地点を目指した(鹿児島・奄美大島沖で)